大学受験に向けて

早英ゼミナールは中学生がメインですが、高校生もかなり増えてきています。

高1・高2生は、学校の授業対応が中心で、学校で使っている教材に沿って授業しています。中間・期末テストに向けての対策を主にやっています。大学付属高生が多いのも特徴ですね。大学付属だから勉強しなくていいかというと、もちろんそんなことはなくて、希望学部に入りたいので頑張るという生徒がいます。しかも早慶レベルの生徒も。

高3生は1学期の内は評定確保で頑張るという生徒が多いです。つまり定期テストの点数を上げて評定平均4以上を取って「指定校推薦」を狙うパターンですね。でも一般入試も受ける覚悟をしておかなければなりません。指定校枠で気に入る大学が無い場合の方が多いですから。ここらへんの覚悟を生徒に付けさせるのが4月の課題です。まだまだ受験生の覚悟はないですからね。

理系を選ぶか文系を選ぶか、高2になる時に決めないといけない高校が多いようです。ここで注意したいのは、将来のことを考えるときに、「やりたいかやりたくないか」だけじゃなくて「向いてるか向いてないか」も合わせて考えた方が良いということです。

あまりに「やりたいこと」にこだわるとつらい。逆に、「戦える」分野に入ってみたら意外にうまくいく場合もあります。理系の人材が求められているからといって、高校数学ができなくて苦労しているのに、理系を選ぶとしんどいかもしれません。

進路については、適性も考えましょう。いつでも相談にのります。

 早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

新着記事一覧