過去問の活用時期について 2019-09-24

秋になると、受験生は「過去問」をどう活用するか、気になるところですね。

過去問の活用の仕方は学年によって違いますが、高校受験生の過去問について書いてみます。

 

高校受験生は埼玉県の過去問を早くやらないといけないなんて焦る必要はありません。

12月になってからで十分です。

11月までは学校の期末テストに全力をつくしましょう。

年明けてから、入試得点力を磨く時間は十分ありますが、内申点はその時点ではもう遅いのです。


高校受験が他の中学受験や大学受験と違うところは、「内申」の存在です。

今の受験制度は「入試点重視」と言われますが、それはあくまで内申点を確保した上でのことです。

公立高校は「内申プラス入試点」で評価されるのです。


では早めにやりたいという生徒はどうすればいいのか?

埼玉県以外の全国の高校入試過去問をやりましょう。

塾には全国過去問を取り揃えてあります。

東京都の過去問も良い問題がたくさんあります。

焦る必要はないですが、別に早くやって悪いわけではありません。

やれる生徒はガンガンやりましょう!!


期末テスト終了後の12月には「私立過去問」「公立過去問」を本格的にやっていきましょう。

同時に基礎・基本を大切に勉強していくことも忘れないようにしましょう。

過去問で苦手分野を発見し、克服していくことが重要です。

 

9月10月の受験勉強としては、北辰テストの過去問をやっていきましょう。

市販では昨年のものしかありませんが、塾では過去5年分くらいはおいてあります。

5年くらいやれば、特に理社では殆どの分野が網羅されます。

そこで苦手分野中心に、塾のテキストをやっていきましょう。

 

埼玉県上尾市・桶川市の個別指導学習塾なら 早英ゼミナール 

 北上尾教室 塾長 矢頭嘉樹

 トップ 塾長ブログ お問い合わせ にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へクリックで応援お願いします!

新着記事一覧