テストの点数で判断しないことの大切さ

大変素晴らしいブログに出会いましたので、ご紹介します。

教育に携わる人間として、とっても大切なことを教えてもらったような気がします。

 

以下引用

学校の成績が悪かったことを、一生引きずっている人は沢山います。

自分は頭が悪いだめな人間だ・・・

学校のテストの点数が悪いくらいで、あきらめる必要なんて無いんです。

自分の好きな方法で、学ぶことをやめないで欲しいです。

そして、苦手なものから遠ざかるような指導はしないで欲しいです。

間違いなく、「学ぶことの喜び」を知れば、一生学び続けられます。成長し続けます。

ところが、「学ぶことの無駄さや、評価される怖さ」を知ってしまった人は、学ばなくなります。

一生、自分はどうせ頭よくないんだ・・・とあきらめてしまいます。

 お願いだから、学校のテストの点数などで、子どもを判断しないでください。

子どもが知りたいことや学びたいことは、どんどん支えてあげてください。

それこそが、将来の力になります。生きていく力になります。

全文はこちら→https://ameblo.jp/nyg1t10/entry-12387237984.html

新着記事一覧