小学生公立中学進学コースについて

中学での重要科目は、英語と数学です。

小学校の内に中学英語の準備をしておき、
英検も自分に合った級を取得していきたいものです。

英語が好きになれば中学生活はとても楽しくなります。

また算数も中学内容を見据えた授業をしますので、
中学受験生に負けない実力が付いていきます。

小学生は、先生一人に生徒二人までの個別指導です。

生徒一人一人に目が行き届くので、分かるまで指導いたします。

生徒によって進度は違い、基礎レベルから教科書の完全把握レベル、
高度な演習レベルまで、生徒の目標・学力に合わせた指導を行ないます。

大切にしたいのは、勉強の楽しさを体験すること、
そして中学・高校への基礎づくりです。

小学生時代に本当の基礎学力を付けることを目標とします。

早英ゼミナール 小学生コース トップ

 

受講料はこちらの小学生個別指導コースをご覧下さい

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

小学生英語

小学生はまず英語が好きになることが大切です。

英語に触れる時間を確保していきます。

高学年になれば英検取得を目標とします。

 

早英ゼミナール 小学生コース トップ

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹 

 

小学生算数

基本から応用まで、ただ計算だけでなく

図形問題・文章問題にじっくり取り組み、

科学的思考力を養います。

早英ゼミナール 小学生コース トップ 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

小学生国語

言語の知識・読解力・作文力という

3つの分野を指導します。

教科書だけでなく、様々な文章に接し、

基本的国語力付けます。

 

早英ゼミナール 小学生コース トップ

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹 

将来を見据えた授業(小学生)

当塾には、小学生から高校3年生まで在籍しています。

生徒によっては、小学生から高3の大学受験まで当塾で学びます。

まさに小中高一貫教育をやっているわけです。

新学年を迎えるに当たり、各学年ごとにどういう方針で授業をしているか、

あるいはどういう授業をしたいのかまとめてみました。

 

小学生・公立中学進学予定者、つまり非受験組の生徒ですが、

中学になってからの事を常に考えながら授業を進めます。

それは何も中学の予習ばかりやっているというわけではありません。

中学生を教えていると、小学の何年生でつまづいているなと分かります。

つまずいている箇所は人によって若干の違いはありますが、

つまずき易い単元というのがあるわけです。

小学生には、そのつまずきをフィードバックして重点的に教えると効果的だと

いうことが分かっています。学校で習うレベル以上のことも今ここである程度

教えた方がいいという時には、生徒の理解力によっては発展的内容も取り入れます。

また生徒によっては、最低限これだけは理解しておかないと中学に入って困るという

内容もあるわけで、そこを繰り返し教えます。

小学の基礎基本を大事にすることにより、中学での高成績を保つことができます。

 

早英ゼミナール 小学生コース トップ 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

新しい指導要領 2011−8−24

 小学生は今年から新しい指導要領で編集された教科書を使っています。といっても今年急に新指導要領で勉強するのではなく、去年までは移行措置として教科書は従来のままで、プリントで新指導要領の内容も教えていました。

 新指導要領では「倍数・約数」「分数の通分・約分」「単位量当たり」「平均」といった単元の指導時期が一挙に小6から小5に変更になっています。小5で学ぶ内容が大幅に増えたという事です。それに加え小5では小学生で一番難しい「割合」も覚えます。

 ここにきて、小5で塾に通っていた生徒と通っていなかった生徒の差が開いています。つまり、小5で塾に通っていなかった生徒は「割合」と「単位量あたり」「平均」の理解が中途半端だということです。

 ゆとり教育からの脱却により、教わる内容は理数系を中心に増えました。ということは、理解に差がついてくるという事です。小学の基本的内容が理解できなければ、来年から新指導要領に変わる中学の学習内容の理解も危うくなります。気をつけましょう。当塾できちんと理解していきましょう。

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

新着記事一覧