平成26年度 2014年 埼玉県公立高校入試の展望 2013-09-17

平成26年度 2014年 公立高校入試の展望

 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

 

1)      「新しい学習指導要領」に基づく「新しい教科書」の2年目

@   思考力・判断力・表現力を育む→読解力・記述力を求める

A   基礎的・基本的な知識・技能の活用→知識が問われる

B   自主的・自発的な学習を促す→内申より試験の点数

 

2)      平成26年度公立高校入試→入試の一本化3年目

@   日程

出願       :2月18(火)・19日(水)

志願先変更 :2月20日(木)・21日(金)

2回目変更  :2月25日(火)

学力検査    :3月3日(月)

面接・実技検査(一部) :3月4日(火)

発表     :3月10日(月)

卒業式    :3月14日(金)

A   一本化の狙い

学力低下への一石→全員に同じ学力検査を課す(100点満点・5科目)

         内容は難しくなっている

         数学は超難問揃い(平均点42点)

         理数は新しい単元から多くでている

配点に差を付けて、高学力層を公立で確保する

年間授業数の確保→公立入試日が遅くなった。私立は1月22日〜24日

         5週間の空白をどう乗り切るか!

「最後の頑張りが合格を決める!」

B   志願先変更が2回ある

受験倍率平均化を狙う→大きな変更は見られなかった。

第1志望は譲らない。中学校は安全志向であるがそれでいいのか疑問!

5週間あればかなりの勉強ができる!

 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

平成26年度 2014年 埼玉県私立高校入試の展望 2013-9-17

平成26年度 2014年 埼玉県私立高校入試の展望 

 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

 

私立高校入試(1月22日〜)→合格する入試

 ・  ほとんどの高校が1月22日〜24日の入試中心ですので、1月中に受験するようにしてください。

 ・  個別相談で決まります!

 ※  個別相談では、1学期または2学期の通知表のコピーと北辰テストの結果を持参して、合否の目安を相談しましょう。

 ※  10月〜12月の北辰の結果が出た段階で、個別相談に行って下さい。

ぎりぎり12月の北辰結果でも間に合います。成績上位2回平均を基準とする高校がほとんどなので、10月・11月が勝負です。

 ※  個別相談は「事前面接」と考え、自分を売り込むことが大切です。

英検・数検・漢検資格や部活状況、積極性を高校にアピールしましょう。

※  早英ゼミナールでは、塾として主要私立高校と個別相談を実施します。

→希望の高校の基準を満たしているのであれば10月中に、

満たしていなければ11月または12月に頑張って確約を取っておきたい。

 2校以上確約を取っておき、実際に受検するのは1校でもよい。

→確約がないと合格しにくいのも事実なので、そのためにも事前相談が大切になってきます。

→確約は保護者・生徒には伝えない高校も多いですので、早英ゼミナールではさらに突っ込んだ事前相談をし、バック・アップします。

・  一部の付属校を除き、私立は合格するのが当たり前です。

通知表と偏差値の2本立てで判断するが、絶対評価になってから、

偏差値を基準とする学校がほとんどです。

 ・  埼玉県はいわゆる併願推薦(B推薦)が中心ですが、単願(A推薦)を希望すると随分優遇される高校もあります。

 ・ 公立高校は無償ですが、私立高校に行っても年12万円負担が軽くなります。他に補助金や奨学金もありますので、お問い合わせ下さい。

 

早英ゼミナール 中学生コース トップ

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

埼玉県高校入試情報トップ 

平成25年度(2013年)早稲田大学・立教大学への埼玉県内高校別合格者数

埼玉県の高校から早稲田大学には何人位合格しているのか。

また池袋にあるということで人気の立教大学への合格者数は?

早稲田へはやはり有数の進学校が、また立教は女子高生に人気があることが分かります。

 

  早稲田大学 人数     立教大学 人数
1 浦和 170   1 浦和一女 147
2 開智◎ 132   2 川越女子 117
3 栄東◎ 123   3 淑徳与野◎ 89
4 川越 103   4 開智◎ 79
5 大宮 88   5 市立浦和 78
5 浦和一女 88   6 西武文理◎ 70
7 春日部 87   7 大宮 67
8 明の星◎ 66   8 川越東◎ 66
9 川越女子 65   9 春日部 62
10 市立浦和 53   10 大宮開成◎ 52
11 西武文理◎ 52   10 川越 52
12 淑徳与野◎ 45   10 不動岡 52
13 大宮開成◎ 37   10 明の星◎ 52
14 熊谷 35   14 熊谷 49
15 所沢北 33   14 49
15 川越東◎ 33   16 浦和 47
17 城北埼玉◎ 32   16 星野◎ 47
18 越谷北 31   18 栄東◎ 41
19 春日部共栄◎ 30   19 越谷北 39
20 不動岡 29   20 所沢北 38

 

公立は偏差値65以上の高校でないと、早稲田や立教は難しいようです。

早稲田と慶応では上位合格高校に違いは殆どありません。

立教と学習院も合格高校の顔ぶれは似ていますね。

 

 

高校受験情報トップ

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

塾長ブログ お問い合わせ トップ 夏期講習

埼玉県内高校の現役進学率 2013−07−01

平成24年3月卒業生における、大学と短期大学への現役進学者の割合の資料です。

浪人生、大学校、専門学校は含まれません。

 

1位 慶応志木○ 98.8
2位 早大本庄○ 98.7
3位 立教新座○ 94.1
4位 星野○ 91.4
5位 淑徳与野○ 91.2
6位 和光国際 90.4
7位 川口北 88.8
8位 独協埼玉○ 88.1
9位 浦和学院○ 87.0
10位 市立浦和南 86.6
11位 大妻嵐山○ 86.1
12位 所沢北 85.7
13位 越谷北 85.5
14位 春日部女子 85.2
15位 春日部東 85.1
16位 越谷 85.1
17位 東京農大3高○ 85.0
18位 熊谷女子 84.3
19位 本庄東○ 84.3
20位 熊谷西 83.3
21位 83.2
22位 川越女子 83.0
23位 川越南 82.7
24位 市立浦和 82.5
25位 浦和明の星○ 82.2
26位 大宮開成○ 82.2
27位 正智深谷○ 80.7
28位 昌平○ 80.4
29位 埼玉栄○ 80.2
30位 狭山ヶ丘○ 80.1
31位 越谷南 79.2
32位 大宮光陵 78.8
33位 市立大宮北 78.7
34位 浦和ルーテル○ 78.6
35位 上尾 78.4
36位 山村学園○ 78.2
37位 浦和西 77.8
38位 浦和北 77.7
39位 大宮 77.4 
40位 不動岡 77.1
41位 開智○ 77.1
42位 杉戸 76.8
43位 市立大宮西 76.5
44位 武南○ 76.1
45位 朝霞 76.0
46位 市立川口 76.0
47位 栄東○ 75.3
48位 秋草学園○ 74.5
49位 武蔵越生○ 74.4
50位 成徳深谷○ 74.1 
51位 伊奈学園 73.5
52位 西武文理○ 73.3
53位 春日部共栄○ 72.9
54位 浦和実業○ 72.8
55位 久喜 72.1
56位 埼玉平成○ 71.9
57位 越谷西 71.8
58位 与野 71.8
59位 花咲徳栄○ 70.7
60位 大宮南 69.7
61位 西武台○  69.1
62位 川越東○ 69.1
63位 聖望学園○ 68.4
64位 本庄第一○  68.1
65位 市立県陽 68.1
66位 浦和一女 65.3
67位 草加 65.2
68位 川口 64.8
69位 細田学園○ 63.8
70位 岩槻 63.6
71位 川越 63.1
72位 城西川越○ 63.1
73位 城北埼玉○ 62.7
74位 秀明○  62.6
75位 南稜 62.3
76位 市立川越 61.2
77位 山村国際○ 61.0
78位 浦和東 61.0
79位 草加南 60.1 
80位 栄北○ 59.7
81位 朝霞西 59.6
82位 秀明英光 57.7
83位 大宮東 56.0
84位 鴻巣 53.4
85位 桶川 53.3
86位 春日部 52.3
87位 熊谷 50.0
88位 志木 44.9 
89位 三郷北 44.4
90位 東野 43.7
91位 小松原○ 43.2
92位 浦和 42.7
93位 鷲宮  42.1 
94位 越谷東 40.4
95位 川口東 38.0
96位 自由の森○ 34.0
97位 小松原女子○  26.4 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この現役進学率だけで高校を判断できません。

熊谷・浦和などの進学校の現役進学率が低いのは、上位大学を狙う生徒が多いためです。

もちろん、生徒が大学にほとんど行かないため、現役進学率が低い高校もあります。

 

大学の付属高校が上位を占める中、星野・淑徳与野・浦和学院は立派だと言えるでしょう。

個人的には、浪人が悪いことだとは思いません。

もう1年勉強することにより現役時より数ランク上の大学に合格する可能性があるわけです。

それに、失敗を経験した人は、人の痛みが分かるようになります。

私も浪人を経験しています。浪人時代は今から考えると、不安はいっぱいでしたが、反面充実していました。

だからといって、積極的にすすめるわけではありませんが・・・

(学校名の後の○は私立高校)

 

早英ゼミナール 塾長ブログ トップ

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

2013年(平成25年度) 埼玉県公立高校入学試験 平均点 2013-05-16

2013年度の県公立高校入学試験の平均点が発表されました。

 

全日制の5教科(国語、社会、数学、理科、英語計500点)の平均点は275.5点。

昨年度の237.9点より37.6点上回りました。

また、県の予想平均点265点を10点上回っています。


各教科別の平均点は

国語65.6点(昨年59.7点)

社会50.3点(昨年49.0点)

数学42.4点(昨年36.5点)

理科63.4点(昨年48.7点)

英語53.7点(昨年44.1点)


数学の平均点が40点を回復しました。

また理科の平均点が60点以上となったのはすごいことです。

当塾の生徒も、理科は90点以上が続出で、やはりかなり易しかったのですね。

 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

 

平成25年埼玉県公立高校入試問題 2013-03-07

2013年埼玉県の公立入試問題を見ました。

 

国語の作文は「ボランティア活動について」

作文教室を受講していた生徒にとっては、慣れた課題ですね。

特に難しくはないですが、「一段落目に参加したい活動を書き、二段落目にその理由を書く」という条件は守れましたか?

 

英語の作文は、「春休みにしたいこと」 

これも英作文の練習を十分しておけば楽勝です。

英語に関しては、毎年の事ですが、得意な生徒と苦手な生徒の「点数差」が大きいと思います。

英語ができないと全然点数が取れません。

これから中学に入る生徒は何が何でも英語だけは得意にしておかないと、後ですごく困ることになります。

数学はまだ後で巻き返しができますが、英語は苦手だと巻き返しが難しい科目です。

 

数学は去年より易しいようです。

3年生で習う範囲が多い印象なので、最後まできちんと授業に集中した生徒が有利ですね。

平均点は40点を回復するかもしれません。

 

理科も予想通り全分野に渡る基本問題が出題されていました。

理社ゼミを真剣に受けた生徒にとっては楽勝の問題ではなかったでしょうか? 

日曜直前ゼミでやった問題が多かったですね。

1〜2年の移行措置からの出題が予想通り多く、直前にやった「天体」とか「ペット・ボトル」もバッチリでていました。

 

社会は、2月に頑張って勉強した生徒は良い点が取れたのではないでしょうか。

偏西風の問題、地形図の問題等地理は予想通りです。

歴史はちょっと難しかったかもしれません。

「鎌倉時代の御家人の土地相続の特色」については難度が高いです。

最近は公民の「経済分野」の問題が多いという予想が当たりました。

「日本銀行の公開市場操作」はできたでしょうか?

 

今年も長い受験勉強だったというのが率直なところです。

私立入試が1月20日で公立入試が3月4日。

6週間も間が空き、途中前期入試などの区切りがなく、ダラダラと続くので、集中力勝負の受験勉強となります。

2月の日曜直前ゼミがより大切だと感じました。

お疲れさまでした。

 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

埼玉県公立高校受験のポイントD社会

勉強で疲れた時やちょっとしたスキマ時間に社会の参考書を眺めてみましょう。

よく覚えていないところがあれば、ノートに表や年表を書いていくともっと良いですよ。

@地理は、必ず「地形図」がでます。地図記号は必ず覚えること。

 小中学と高校の地図記号の違いや、工場と発電所の違いはOKでしょうか。

A歴史ですが、高校入試では年代の暗記は必要ありません。

 事件や文化、建築物が何時代かを把握していきましょう。

 時代区分の順番は、NHKMAE(エヌエイチケイ前)と覚えていきましょう。

 奈良・平安・鎌倉・室町・安土桃山・江戸の頭文字です。

 例えば「惣」とあれば室町時代かなと思い浮かべればいいでしょう。

B公民分野も「日本国憲法」や「三権分立」中心に出題されます。

 記述式問題が多いのも特徴ですね。

 何故そうなったのか、普段から意識しておくのが大切ですが、

 試験直前には、過去問と予想問題をこなしていき、出題パターンに慣れましょう。

C6月から10月位までに話題になった「時事問題」もでます。 

 

早英ゼミナール 中学生コース トップ

埼玉県高校入試情報トップ 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

埼玉県公立高校入試のポイントC理科

@昨年度の場合、大問1は知識問題です。

 知っているかどうかを問われるので、一問一答問題集等で、語句を確認しておきましょう。

 当塾の入試用テキストの巻末にもありますので、しっかり確認しておきましょう。

A計算問題は出題のパターンが決まっています。

 速さを求める時、「みはじ」を使いますが、理科は殆どこのパターンです。

 オームの法則、圧力、湿度、地震の伝わる速さ等は確実にしておきましょう。

B一度やったテキストをもう一度見直しましょう。

 テキストに答えを書き込んであっても大丈夫。

 赤ペンのところをもう一度見直すだけで全然違ってきます。

C新しく教科書に導入された単元は、とても大切です。

 「月の運動」「イオンの電離式」 「遺伝」や「仕事」「太陽系」は確実にしておきましょう。

 1年生や2年生で「移行措置」として習った内容も勿論出題されます。

 学校であまりやっていなかったとしても、必ず勉強しておきましょう。 

 「地震」を勉強するのは大切ですが、理社は「山を張らないこと」もポイントです。

 広く全範囲を勉強していきましょう。

 

早英ゼミナール 中学生コース トップ

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

埼玉県高校入試情報トップ

埼玉県公立高校受験のポイントB国語

@時間配分を考えよう。

 昨年の問題であれば、問1が小説文、問2が知識問題、問3が評論文

 問4は古文・漢文、そして問5が作文となっています。

 必ず作文の時間は15分程度残しておかなくてはなりません。

 その為には、先ず問2の知識問題→問4の古文・漢文とやっていき

 →問1・3の小説と評論は 、自分の得意な方からやるのがいいでしょう。

A漢字は一点一画にまで注意して正確に書きましょう。

 「とめ」や「はね」などにも注意して正しい字を書くことが大切です。

B小説分は最初に場面設定が書いてあります。これを頭に入れておくこと。

 設問を先に眺めてから、本文を読んでいくのも良い方法です。

 漫然と本文を読むより、設問で何を聞かれるかを意識しながら本文を読んだ

 方が能率的です。

C選択肢の問題は、消去法でいきましょう。必ず本文の該当箇所と照合し、

 本文に書いていないものは消しておきます。

 最後に2つ残った場合は、どちらがより適切か、やはり本文に戻って考えましょう。

 国語の問題は、必ず本文に答えが書いてあります。

C残り5分になれば、解答欄はとにかくうめること。

 国語の問題に限らず、とにかく書いてみること、選択肢はうめることが大切です。

 

早英ゼミナール 中学生コース トップ

埼玉県高校入試情報トップ 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

埼玉県公立高校入試のポイントA英語

@問題は正確に読み取りましょう。

 あわてず読み取れば答えのヒントが見えてきます。

 解答は日本語で答えるのか、英語で答えるのか間違わないようにしましょう。

A長文問題も決して難しくありません。

 先ず問いをサッと見て、何を問われているのかをつかんでから文章を読んでいくのも

 一つの方法です。

 難しい単語には注があります。これを無視しないこと。

B自由英作文では、スペルミスに注意。

 合ってるかどうかあやしい単語は使わず、別の表現ができないか考えてみましょう。

 無理に難しい文法も使わなくていいですよ。作文は減点方式ですからね。

 もちろん今のうちに色々な英作文を書いていって、引き出しを多く持っておきましょう。

 好きな教科、スポーツ、部活の経験、中学時代の思い出、高校になってやりたいこと、

 等が狙われる課題です。

 

埼玉県高校入試情報トップ 

早英ゼミナール 中学生コース トップ

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

埼玉県公立高校受験のポイント@数学

埼玉県公立高校の入試問題のポイントです。

最も差がつく科目である数学の受験ポイントをまとめてみました。

 

@計算問題は確実に得点しましょう。文字式でも方程式でも、途中式を残しておくこと。

 あせって途中をとばすと、かえってミスすることもあります。ここは確実にいきましょう。

 また、時間をおいてもう一度やってみることが大切です。

A関数問題は、グラフに分かっている式や座標を書いておくこと。

 それがヒントになり、問題が解きやすくなります。

 難しそうだなと思っても、大問の1番は案外簡単だったりします。

 グラフに書き込むだけで、求められる問題も多いですよ。

B図形問題も、図に書き込んでいくことが大切です。

 図形の性質や定理を思い浮かべ、どれを使うか予想してみましょう。

 三平方の定理や相似を使うことが多いですよ。

C場合の数は、重複や数え落としによく注意しましょう。

 そのためには、分類し順序だてて考える事が大切です。

 樹形図や表を使うことも重要です。

D規則性を問う問題は、一次関数の問題が多いですね。

 同じ数ずつ増えている場合、ゼロ番目はいくつかと考え、それが切片となります。

 

埼玉県の数学は難しめですので、確実に得点していくことが大切です。

過去問題や早英ゼミナールの予想問題をじっくりとやって、問題に慣れていきましょう。

 

早英ゼミナール 中学生コース トップ

埼玉県高校入試情報トップ 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

新着記事一覧