中堅公立高校受験コースとは

伊奈学園高校・上尾高校・与野高校・大宮北高校・

大宮光陵高校・大宮西高校・浦和北高校・桶川高校・

上尾高校商業科等の高校を志望するコースです。

公立高校の入試改革で入試点が重視されることになりましたが、

それは内申点を軽視するということではありません。

内申点を基礎点として、その上に入試点がプラスされると

考えた方がよいでしょう。

早英ゼミナール 中学生コース トップ

中堅公立高校受験におけるポイント

基礎点としての内申を確実に取っていくこと、 

部活動に積極的に参加すること、

英検・漢検・数検等の検定にチャレンジしていくことが大切です。 

その上で過去問や予想問題を繰り返すことによって

入試の得点を伸ばしていくことができます。

北辰テストの対策も重要です。

私立高校と違って、公立高校では入試に偏差値は使わないのですが、

北辰テストは公立高校入試問題と同じような

形式で出題されますので、合格の目安になります。

これまでの経験上12月の北辰テストがカギとなります。

北辰テスト対策イコール受験勉強という側面もあります。

早英ゼミナールでは北辰対策が充実していますので、

北辰で高得点を取り、自信を持って本番の入試に臨みましょう

早英ゼミナール 中学生コース トップ

科目別ポイント@英語

@リスニングは基本的な内容なので、

 英検3級程度のリスニングに慣れておきましょう。

A 長文問題に慣れておく。やはり英検3級程度が効果的です。

B 記述式問題は、手紙文・会話文を押さえておく必要があります。

 慣用表現に慣れておきます。

C中学3年の一学期の内に、英検3級は取得しておきましょう。

 単語・熟語だけでなく、中学で習う文法事項を

 確実に理解していくことが重要です。

 高校入試のリスニング対策としても

 英検3級のリスニングが役に立ちます。

早英ゼミナール 中学生コース トップ

科目別ポイントA数学

中学3年の夏休みをどう過ごすかが重要です。

 @ 計算問題は絶対間違わないという強い意志が必要です。

    正負の数・文字式・1次方程式・連立方程式・平方根・2次方程式の

    計算・確率問題は確実にしておきましょう。

 

A 1次関数のグラフ問題ができれば、それだけ得点アップできます。

B 新傾向問題は、規則性を問う問題が多い。

  1次関数を利用しましょう。

C 2〜3年の図形と関数の融合問題が頻出です。

D 計算問題の次に、大問の@を先にやってしまいましょう。

  @は易しい、ABは難問。

E公立高校の数学入試問題は、3年生後半で習う単元が頻出します。

「2次関数」「3平方の定理」「相似」等を夏休みに予習しておくことで、

入試問題に慣れることができます。

 

F夏休みには数検の3級にチャレンジしていくことも有効です。

中学1・2年の単元で、「1次関数」「合同の証明」等が

苦手な生徒が多いですが、中3の春期講習までには

確実に克服しておかなければなりません。

また「平方根」は理解できると、

とても楽しい単元なので必ず得意にしておきましょう。

早英ゼミナール 中学生コース トップ

科目別ポイントB国語

 @ 古文は必ず出る。→平易なので得点を稼ぐことができます。     

   単語も30程度知っておきましょう。(英語に比べれば楽)

   係り結びを理解しましょう。

A 文法も重要。主語と述語のつながり、おかしな文や語句の指摘が

  できるようにしておく必要があります。

  助動詞について、必ず得点できるようにしておきましょう。

B 作文は100点中15点と配点が高い。

  内容はかなり高度であり、

  話題性のある事柄を知っておく必要があります。

  作文を時間内に書きあげるには

  普段から慣れておく必要があります

  当塾の「作文教室」では、文章で表現することを大切にしています。

 

早英ゼミナール 中学生コース トップ

科目別ポイントC理科・社会

理 科

@ 地学・生物・化学・物理の分野から偏りなく出題されます。

  従って、苦手分野をなくすことが大切です。

A 基本的な内容が出題されるので、先ず語句を覚えていきましょう。

B 記述式問題では、実験・観察を重視します。

  新聞の科学欄やTVの科学番組にも触れておきましょう。

社 会


@ 苦手意識のある人は、参考書を見ながら、ノートまとめをやっていとよいでしょう。

A 地理・歴史は、自分で地図・年表を作っていくと覚えられます。

B 公民は、中学生新聞・TVのニュース番組を見る習慣を

  普段から付けておくと得意になれます。

C 歴史は、人物中心に事件を時代順に書き出してみましょう。

 

当塾の「理社ゼミ」で基礎力を付けておきましょう。

語句の知識は勿論のこと、

記述式問題対策、計算問題対策までしっかりと仕上げましょう。

 

早英ゼミナール 中学生コース トップ

新着記事一覧