国語力とは

語力は三つの要素から成り立っていると考えます。

最初の要素は「読解力」です。課題文を読み取る能力です。

評論文なら、作者の意見を把握する力であり、

小説文なら登場人物の心情把握です。

このとき大切なことは、答えは必ず文中にあるということです。

設問と課題文を集中して読み込むことにより、答えの在りかが分かってきます。

小説文では登場人物の行動から心情を推し量ることができます。

評論文では、作者は常識と少し違う意見を述べることがありますが、

さらに深く読み込むと、作者の意見がここに書いてあると発見できます。

多く読書をし、様々な考えが世の中にはあるのだという事を知ることで、

作者の意見も受け入れられるようになっていきます。

読解力はこうして多読と精読から育まれると思います

二つめの要素は「知識」です。漢字や語句の知識、文法の知識です。

小学生なら、慣用句やことわざの知識、

中学生ではそれに加え故事成語、四字熟語等の知識が必要となってきます。

知識は読解力とも密接に関係しており、

語句の知識がないために、文章が読めないといったこともあります。

受験によって語句の知識が広がるという事実もありますが、

受験生でなくても、日頃から読み物によって知識を広げていくことも大切です。

三つめの要素が「表現力」です。

表現力には、文章による表現としての作文と、会話による表現が含まれます。

学習等による外部からの刺激を整理し、考え、判断し、

言葉によって表現するといったことが自己表現です。

表現することは骨が折れ、億劫なことですが、

このことこそ物事を理解するための大切な作業なのです。

当塾の作文教室では、この表現能力を養います。

 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

新着記事一覧