成績を伸ばすにはどうすればよいか

「成績を伸ばすにはどうしたら良いでしょうか」 という質問をよくうけるのですが、答えは大体決まっています。 

では成績が伸びる生徒は、どんな生徒なのでしょうか。

3つの条件が必要だと考えます。

1)学校の授業を大切にする。

   当然のことですが、学校の授業をおろそかにしないことです。

   塾でもうやったと思っても、何回も教えられることで知識は 定着します。

   話が脇道にそれる先生もいるでしょうが、そこも大切です。

   ずっと後になって覚えているのは、そんな脱線だったりします。

2)塾の授業に集中する。

   もし学校の授業で分からないところがあれば、

   必ず理解するというつもりで授業に臨みましょう。

   伸びる生徒は謙虚に、真剣に授業を受けています。

3)塾の宿題をやってくる。

   その場で分かったと思っても、人間は忘れるものです。

   必ずもう一度自宅で、取り組みましょう。

   塾の宿題は、適当に済まそうと思えば、30分位で終るかも 知れません。

      しかし、それで間違いだらけであれば、 次回またそこからやらなければなりません。

   英語であれば単語は辞書を引く、国語も国語辞典で調べる、

   数学はわからなければもう一度例題に戻って、理解してから

   問題を解いていく、といった努力が必要です。

   講師の力量は宿題で決まる面もあります。

   生徒によって宿題の質、量は違いますが、生徒にぴったりの 宿題を出しています。

     それが30分位でできるはずがありません。

   伸びる生徒は特に宿題をきちんとやってきています。

(早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹)

未来草子(塾長ブログ)最新版

新着記事一覧