博士の愛した数式

数式という言葉を見たとたん、頭が痛くなった方はいませんか。 大丈夫、難しくはないですから。

 

芥川賞作家である小川洋子さんの書いたこの「博士の愛した数式」は 映画にもなりましたので、ご存じの方も多いと思います。

「80分しか記憶がもたない」数学者とその家政婦そして家政婦の息子 である「ルート(√)」の触れ合いの物語です。

博士は10歳の家政婦の息子に「ルート」と名付け、いきなり「ルート・マイナス1」 の話をします。

 

平方根を習ったばかりの中学3年生に、この意味がわかるでしょうか。

 「√4」は2乗したら4になる数ということで、2のことですね。

では「√2」はどうですか。

(1.41421356・・・)「一夜一夜に人見頃」と覚えました。

でもこの「・・・」はどこまで いっても限りがありません。

そう「円周率 パイ」と似ていますね。 

円周率は(3.1415926535・・・)。あなたは何ケタまで言えますか?

こういう数字を「無理数」と呼びます。分数で表わすのが無理だから「無理数」ですね。

 

では、「√−1」は? 2乗したら「−1」になる数?

物語の「ルート」は少し考えて、「そんな数はないのじゃないでしょうか。」と答えます。

高校生なら存在していると分かりますよね。「虚数 i」です。

2乗したらマイナスになる数を「i」と名付け 実数と合わせて「複素数」と言います。 

虚数iはimajinary number(想像上の数)のことです。

 これにより、「数直線」が「数平面」まで、数字の範囲が飛躍的に増えるのです。

ちなみに私はこれを習った時、ものすごく感激しました。

中1で「方程式」を習った 時以来の知的経験でした。

 

博士は「ルート」を「なかなか賢い心が詰まっていそうだ」と言いますが、 

私も「賢い心が詰まっていそうな」生徒には、「ルート」を教える時に この「虚数」の話もします。

理解できた生徒は、きっと数学が好きになります。

 

まだまだ、この「博士の愛した数式」には面白い話がありますので、 少しずつ紹介していきたいと思います。

(早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹)

塾長ブログ(読書・映画・音楽)トップへ

 

新着記事一覧