言葉によって

「言葉によって」という「言葉」が好きです。大江健三郎か誰かの「言葉」ですが、 ある誰かの言葉によって、人は変わるものです。状況も変えられます。 

この映像時代に「言葉によって」感激したことを紹介します。

「開智未来中学高校の関根均校長」の言葉です。これは「開智未来中学」のHPの中にある「校長からのメッセージ」にあります。

 

「先生の話をまじめに聞いているだけの生徒は伸びない。」教員がしばしば言う、私の嫌いなセリフです。

たしかに「素直なだけでは伸びない、まじめなだけでは伸びない」とは事実かもしれません。

しかし、この事実は〈認めてはならない事実〉だと私は考えます。

一生懸命伸びようと熱心に授業を聞く生徒はどんなことがあっても伸ばさなければならない。

これは、私たち教育に携わる者が〈創るべき事実〉です。

この事実を人類はその智恵で「価値」と名付けてきたのではないでしょうか。

「伸びようとする生徒を必ず伸ばす」−開智未来が創るべき「事実」であり「価値」です。

「高校入試とは自分をまっすぐ見つめる者たちが自らの事実と価値をつくる物語」

−私をにこやかにさせた正体です。

 

私にはとても書けそうもない、素晴らしい言葉ですね。

開智未来中学高校の「学校概要」→「校長からのメッセージ」をご覧ください。

(早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹)

新着記事一覧