夏期講習の活用法 中学1年生

中学1年生 英語

 

英語は予習が大事な科目です。

小学生の内から英語を習っている生徒は分かると思うのですが、事前に予習をやっておくのと、そうでないのとではテストの成績に大きな違いがでてきます。

中1の1学期では、皆良い点が取れたと思うのですが、それで安心してはいけません。

1学期はまだお客様扱いで、簡単な問題しか出ませんでした。

2学期以降は違いますよ。

今までゆっくりやってきた分を取り返すべく、 学校では猛スピードで授業が進んでいきます。

それに付いていかないといけません。

 

夏休みは先ず、英語をできるだけ進めていくことを重点に考えましょう。

教科書の予習はもちろんですが、英検の勉強の方が予習には適切です。

5級なら中1範囲の文法の学習ができますし、4級であれば中2まで覚えることができます。

更に頑張れる生徒は3級も目指してみましょう。

それぞれ自分に合った級の勉強を、この夏休みにチャレンジしましょう。

 

但し単語・熟語のみを丸暗記していくのは感心しません。

3級位までならそれで合格していくことも可能ではありますが、文法を理解していくことの方が後々役に立ちます。

高校受験には「自由英作文」が出題されます。

この自由英作文攻略に必要なのが「文法事項」なのです。

それには英検の問題で慣れておきましょう。

 

中学1年生 数学

 

中1の最初の方は、数学の約束事を習う単元が続きます。

0より小さい数である「負の数」には慣れましたか?

その次の「文字式」の約束事も大丈夫でしょうか?

大丈夫ではなかったら、夏休みの内に確実にしておきましょう。

正負の数、文字式が分からなかったら、中学数学は全く分からなくなります。要注意ですよ。

夏休みは「方程式」中心にやりたいものです。

学校によっては予習範囲かもしれませんが、夏休みの間に重要な方程式に慣れておきましょう。

私(塾長)は中学の時、この方程式を習って感激したものです。

初めての知的興奮ってやつですね。

みんなもこの「知的興奮」を味わってください。

 

 

 

埼玉県上尾市・桶川市の個別指導学習塾なら 早英ゼミナール 

 北上尾教室 塾長 矢頭嘉樹

 トップ 塾長ブログ お問い合わせ上矢印(赤丸)50×50.png 

新着記事一覧