高校への道

埼玉県の高校入試制度は、公立と私立では大分違います。

私立高校は「北辰テスト」の偏差値によって、合格をある程度保証する「確約制度」をとっている高校が殆どです。当塾の塾生の中でも「確約をもらった」という生徒がほとんどです。安心して公立高校を受験するためにも、生徒にとってはありがたい制度ですね。

しかし考えてみれば、埼玉県は全国に先駆けて「偏差値を追放した」県だったはずです。それが、偏差値によって(内申より優先します)合否が事前に分かるというのも 皮肉な話だと思います。

一方公立高校は、入試点重視と言いながらも、内申がかなりの比重を占めています。偏差値だけではなく、内申が重要なのは変わっていません。

公立の無償化は有名ですが、今は私立にも「補助金が出る」という事が知れ渡ってきて、私立の人気がある程度復活してきたのではないでしょうか。 先ず「私立の併願校」を確実にしておき、公立にチャレンジしましょう。

高校選びでは「出来るだけ偏差値の高い高校」に行くという気持ちが大切です。周りの生徒が違うからです。高い高校に入って、ついていけるかという心配は無用です。合格した以上「やっていける」という高校の判断があるはずです。もちろん必死に勉強する必要があるのは言うまでもありません。

その為には「今から」が大切です。最後まで諦めないことです。

受験生に限らず、中高生に言いたいことは、「勉強は裏切らない」ということです。

大人になったら、一生懸命やっても駄目な時があります。

しかし、勉強はやったらやっただけ「成績」という数字で帰ってきます。

要は「やるか、やらないか」です。

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

早英ゼミナール 塾長ブログ トップ 

新着記事一覧