冬期講習 ここを勉強しよう 中学2年生 数学

中2数学

問1 連立方程式は何でも解けるでしょうか?

 

   何でも解けるという生徒は問3へ、ちょっと無理という生徒は問2へ。

 

問2 中1の一次方程式は解けるでしょうか?

 

   解けるという生徒は対策2へ、難しいという生徒は対策1へ。

 

問3 連立方程式の文章題には、自信があるでしょうか?

 

   文章題も大丈夫という生徒は問4へ、

 

   計算はできるけど、文章題はいやだという生徒は対策3へ。

 

問4 一次関数で、「変化の割合」と「切片」が説明できるでしょうか?

    また、一次関数の式が求められるでしょうか?

 

    説明できる、式も求められるという生徒は対策5へ。

 

    一次関数は苦手という生徒は対策4へ。

 

 

対策1 中1の「正負の数」「文字式」「方程式」からやり直しましょう。

     数学が苦手なんて言ってないで、先ずは早英ゼミナールで

     じっくりと数学の基礎に取り組んでいき、自信をつけましょう。

 

対策2 中1の方程式が解けるなら、連立方程式もできます。

     「代入」の概念をしっかり把握し、練習を積んでいくと必ずできるようになります。

     早英ゼミナールの冬期講習で、2学期までの復習をきちんとやっておきましょう。

 

対策3 連立方程式の文章題は、小学生の時から頭を悩ませてきた「文章題」

     の総仕上げの様なものです。図や表を描くことを、おっくうがらずに

     丁寧に一つずつクリアしていきましょう。

     図や表を描くと、驚くほど速く簡単にできますよ。

 

対策4 一次関数は中2数学で最も大切な単元です。

     ただ基本はそれ程難しくありません。

     「代入」と「連立方程式」がカギを握っています。

     ここで諦めず、冬期講習で慣れていくことにより得意分野にしましょう。

 

対策5 一次関数の基本はわかっていますね。

     しかし、「動点の問題」「ダイヤグラム」「図形との融合」など

     一次関数は奥が深いのです。入試問題にも頻出していますので、

     早英ゼミナールの冬期講習で、発展問題に取り組んでいきましょう。

 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

新着記事一覧