消しゴムの法則

消しゴムを使う量と成績は反比例する」 という、消しゴムの法則をご存じですか。

 

いや、知らなくて当然です。勝手に私が思っているだけですから。 でもそうとしか思えないです。

なぜかというと、折角の式なり答えなりを消してしまうということは、 自分の間違えを認めたくないということであり、

考えの途中経過を無にしてしまうことにつながるからです。

主に算数・数学の話になりますが、どこをどう間違えたのかをじっくりと 見直すことが成績向上につながると思います。

なので、すぐ消しゴムを使うのではなく、二重線であるいは赤ペンで 間違ったところを意識しながら直すのがいいのではないでしょうか。

 

以前こんなことを生徒に話したら、「テストの時も消しゴム使っちゃいけないの?」 と質問されました。いや勿論テストの時は使わなくっちゃと答えましたが、 変な事は言えないなと自戒しました。

消しゴムの法則は、決して消しゴムカスが出るのが嫌で言っているのではありません。

 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

 

新着記事一覧