埼玉県公立高校受験のポイント@数学

数学は、学力レベルに合わせた勉強方法が効果的な科目です。

 

@偏差値50未満

 大問1の計算問題は確実に得点しましょう。

 基礎の徹底で典型題を確実に解けるようにしましょう。

 文字式でも方程式でも、途中式を残しておくこと。

 あせって途中をとばすと、かえってミスすることもあります。

 ここは確実にいきましょう。

 

A偏差値50台

 ○計算・一行問題を完璧にし、取りこぼしを防ぎましょう。

 ○関数問題(1次関数と2次関数の融合問題)はやればできます。

 グラフに分かっている式や座標を書いておくこと。

 それがヒントになり、問題が解きやすくなります。

 難しそうだなと思っても、大問の1番は案外簡単だったりします。

 グラフに書き込むだけで、求められる問題も多いですよ。

 ○「図形の証明問題」も要対策です。

 図形問題も、図に書き込んでいくことが大切です。

 図形の性質や定理を思い浮かべ、どれを使うか予想してみましょう。

 三平方の定理や相似を使うことが多いですよ。

 

B偏差値60以上(学校選択問題レベル)

 ○公式や定義、「数の性質」に関する問題は、記述対策が必須です。

 ○場合の数は、重複や数え落としによく注意しましょう。

 そのためには、分類し順序だてて考える事が大切です。

 樹形図や表を使うことも重要です。

 ○規則性を問う問題は、一次関数の問題が多いです。

 同じ数ずつ増えている場合、ゼロ番目はいくつかと考え、それが切片となります。

 ○頻出の「2次関数」は正答率が低い問題にチャレンジしましょう。

 

埼玉県の数学は難しめですので、確実に得点していくことが大切です。

高難度の「学校選択問題」は「記述」「数の性質」「2次関数」がカギを握ります。

多くの問題に触れ、「解く力」をつけないといけません。

過去問題や早英ゼミナールの予想問題をじっくりとやって、問題に慣れていきましょう。

 

早英ゼミナール 中学生コース トップ

埼玉県高校入試情報トップ 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

新着記事一覧