高校入試 過去問題集に取り組んでいきましょう  2019年12月5日

高校受験生は、期末テストも終わったので過去問に取り組んでいきましょう。

数学は未修範囲もまだありますが、できるところをやっていきましょう。

未修単元は基本問題を中心に、分かっている範囲は速度を速めて確認し、苦手分野や分からないところはじっくりと類似問題に取り組んでいきます。

早英ゼミナールでは12月より過去問に取り組んでいますので、過去問を準備しておいてください。

 

過去問をやるとはいえ、現在のテキストをおろそかにはできません。

並行してテキストも頑張って仕上げましょう。

 

埼玉県の私立の過去問には、あまり長い時間かける必要はありません。

マーク・シート方式に慣れることが主になります。

私立の問題は難しい高校もありますが、殆どの生徒は「確約」があるので、最初はあまりできなくても気にする必要はありません。

入試問題に慣れていけば短期間で、できるようになります。

 

埼玉県公立高校の過去問は私立の目途が立ち次第、集中的に取り組みましょう。

私立と違って「記述式」が多いので、その対策が必要です。

埼玉県の問題では「数学」がかなり難しいので、数学対策はきちんとしておきましょう。

特に「選択問題」を出題する高校の受験生は、英数の難問対策をきちんとやりましょう。

 

理社は基本問題が多いので、確実に得点していく必要があります。

 

年明けには「公立入試の予想問題」を中心にやっていきます。

納得いくまで勉強に取り組んでもらいたいと考えています。

 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

新着記事一覧