イジメで死んじゃダメ!

またイジメによる子供の自殺がありました。

問題は、いじめが起きて学校や教育委員会に訴えても、何ら対応がされなかったことです。

いじめは「犯罪である」ことを教師も教育委員会も、そして警察も理解しないといけません。

学校が荒れていても公立の教師は「我慢して転勤」するのを待つだけなのでしょうか。

全く責任を取らない教育委員会は、何のために存在しているのでしょうか。

これでは辛い思いをしている子は救われません。学校に行かないことが選択の一つになります。

 

 

教育評論家の尾木さんのブログを以下に転載します。

 

絶対に死んじゃダメ!

 

いじめで
辛い思い
抱えている子どもたち
絶対に死んじゃダメだよ!

不登校してでも
自分の命守ろうね…

大津のいじめ練習殺人事件
見ても
わかるように

・加害者
・教師
・校長
・教育委員会
最低な人たち

どうしてこんなに
野蛮でレベル低い人たちのために
自分の人生
犠牲にする必要
あるだろうか


取り敢えず避難して
エネルギー
温存しよう〜

そして
近いいつか
巻き返し
みんな幸せになろうよビックリマークニコニコ


あまりにも
不公平
不平等
じゃないか!?ラブラブ

http://ameblo.jp/oginaoki/entry-11294796844.html

 

オギママだけあって、子供達の気持ちがわかるのですね。

それじゃあ、私は「よしおじ」にでもなりましょう。

 

いじめ対策は、周りの対応が大切になります。

いじめがあること、いじめは犯罪であることを、周りが認めることから始まると思います。

いじめ対策には、以前のこのページで。

http://www.soueiseminar.jp/article/14166979.html

 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

新着記事一覧