学力は学ぶ力

さいたま市の国語教科書(教育出版)中2に「内田樹」の「学ぶ力」が掲載されています。

それによると、「学力」とは「試験の点数」や「他の人と比べたり、経年変化をみるもの」ではないということ。

学力とは「学ぶ力」「学ぶことができる力」だということで、「昨日の自分と比べた時」の変化が大切だということです。

 

「学ぶ力が伸びる」条件とは次の3つです。

1)自分は学ばなければならないという、己の無知についての痛切な自覚があること。

2)この人が私の師だと直感できること。

3)その「師」を教える気にさせる、広々とした開放性。

この3つをひと言で言い表すと、「私は学びたいのです。先生、どうか教えて下さい。」

この言葉を素直にはっきりと口に出せる人は、その段階で「学力のある人」になるわけですね。

 

内田樹先生の意見、心から納得できます。

もちろん教える側にその「やる気」に答えるだけの度量がないと、その「学びたい」という気持ちが空振りするわけですが、当早英ゼミナールの講師はすべて、答える度量は備えていると信じています。

 

内田氏のブログに全文が掲載されています。

内田樹について→ウイキペディア    内田樹の研究室   内田樹のツイッター

 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

早英ゼミナールのツイッター

新着記事一覧