間違いを恐れないこと

小学の低学年であると、学校のテストはほとんど満点が多いですよね。

あまり間違いというのを経験していないので、

塾の問題でも間違いを極端に嫌がる生徒が多いです。

それが低学年の内であれば、まあ「しょうがないかな」と思うのですが、

小学高学年また中学になっても、間違いを恐れる生徒がいます。

バツを付けられるのを極端に恐れるのです。

 

逆にいくら間違っていても平気という生徒もいますので、

そういう生徒よりはましかな、とも思います。

 

自分の意識を変えてみましょう。

 

間違ったっていい!!

大切なことは、その間違いから何かを学ぶことです。

失敗したっていい!!

何もしないより、何かをして、間違うこと。

これなくして、成功はないのではないでしょうか!!

 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

新着記事一覧