フリー・アズ・ア・バード〜リアル・ラヴ (ビートルズ)

Free as a bird と Real love はともにビートルズ解散後

ジョン・レノンが未完成のままにしていた曲に

「アンソロジー・プロジェクト」の時に残りのメンバーが協力して完成させたものです。

ビートルズ解散が1970年、ジョンの死が1980年、そしてこの2曲が1995年。

25年振りの新曲ということで話題を呼びました。


「フリー・アズ・ア・バード」の方は、「鳥のように自由であること」が2番目にすばらしいことで、

それでは1番目は何だろう、といつも思っていましたが、曲中に答えはないようでした。

でも次の「リアル・ラヴ」をつなげて考えてみると、それはやはり「Love」なのですね。

 

恋人と別れ自由を得たはずなのに、それは最高の暮らしではなかった。

恋人が再び戻ってきて、真実の愛を確かめるというストーリー。

ジョンとヨーコの「失われた週末」を彷彿とさせますね。


「Strawberry fields forever」と「Penny lane」が2曲で1曲であるように、

この「Free as a bird」と「Real love」も2曲で1曲と考えたら納得できます。


Free as a bird


鳥のように自由であること

それは2番目にすばらしい生き方だ

鳥のように自由でありたいと思ってきた


きっとうまくいく

巣に帰る鳥のように きっと僕は飛べる

翼を持つ鳥のように

そう思ってきた


僕たちの人生に 何が起こったにせよ

本当にお互いなしで 生きていけるのだろうか

そうも思った

いつも僕を豊かにしてくれた あの大切な感触を

どこで失くしてしまったのだろう

 

鳥のように自由であること

それは2番目に素晴らしい生き方だ

鳥のように自由でありたいと思ってきた


何が起こったにせよ

かつての僕たちの人生は

いつも僕を豊かにしてくれた

 

Real love

 

僕のささやかな計画は

忘れられた夢のように 

消えてしまったと思っていた

僕はずっと君を待ち続けていたのだ

 

幼い子供たちが おもちゃで遊ぶように

ずっと愛を待ち続けていた

 

もう一人じゃない

一人ぼっちじゃない

 

これが本当の愛

これが 真実の愛なんだ

 

愛が戻ってきた瞬間

僕はどうすればよいか わかった

今までずっと 愛を探していたんだ

一度は失った君を待っていたんだ


もう怖くはない

何も恐れることはない


これが本当の愛

真実の愛は

君のことだったのだ

 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

 

 

 

 

 

 

新着記事一覧