睡眠と勉強 2019-10-21

受験を成功させるには、生活習慣を改善するのがよいです。

何故かというと、10月になって、「睡眠不足」の生徒が目立つようになったからです。

受験生だけでなく、中1生にも多いですね。

 

「遅れてくる」

「学校の授業を聞いていない」

「塾の授業に集中できない」

この3つを「成績が伸びない3悪」と呼びましょう。

その3悪の生徒に理由を聴いてみると、理由はおよそ3つです。

 

1つ、ゲームやLINEをやっていた。

2つ、部活が忙しすぎた。

3つ、遅くまで勉強しているので、昼間眠くて仕方がない。

 

1つ目は問題外ですね。止めるか、時間を減らすしかありません。

 

2つ目は、学校の顧問の先生の問題ですが、困ったものです。

何とかならないのか、生徒に言ってもしょうがないことですが・・・

 

3つ目は、本人も保護者もそんなに悪いことと思っていないのが問題です。

・毎日学校や塾の宿題に追われている。

・保護者の方が強制し過ぎている。

 

その他理由は色々ですが、中学生は12時まで、高校生でも1時までには寝ないといけないでしょう。

 

昼寝とかを含めて最低7時間睡眠は必要です。

 

(7時間以上寝ている生徒でも眠さに勝てない生徒もいます。

必要睡眠時間は人によって違うといいますから、そういう生徒はもう1時間睡眠が必要です)

 

宿題にせよ何にせよ適量というものがあるはずです。

睡眠を削ってまでしないといけないという課題は多すぎます。

 

「分かるまで、できるまで」というキャッチ・フレーズで毎日11時以降まで生徒を残す塾があります。

とんでもないことだと思います。

残されるのは当日「分からなかった」「できなかった」生徒なのでしょう。

朦朧とした頭で「分かるように」なるものではありません。

そんなに遅くまでやって、次の日ちゃんと起きられるのでしょうか?

その時分かったとしても、自分で復習しないとすぐ忘れてしまわないですか?

 

長時間やればいいというものではありません。


勉強は集中力です。


・学校の授業に集中する。

・塾の授業に集中する。

 

この2つで学力はどんどん伸びます。

 

埼玉県上尾市・桶川市の個別指導学習塾なら 早英ゼミナール 

 北上尾教室 塾長 矢頭嘉樹

 トップ 塾長ブログ お問い合わせ にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へクリックで応援お願いします!

 

新着記事一覧