サウンド・オブ・サイレンス  サイモン&ガーファンクル

サウンドオブサイレンスの冒頭

「Hello Darkness, My Old Friend」 という歌詞は

フランソワーズ・サガンの「悲しみよ こんにちは」の原題

「Hello Sadness 」に由来するという説があります。


「悲しみよ こんにちは」は「アンニュイ」という言葉がぴったりですが、

この「サウンドオブサイレンス」は「孤独」とか「疎外」がテーマだといわれています。

ポール・サイモンの孤独感は、現代人なら誰でも感じるものでしょう。



サウンドオブサイレンス

The Sound Of Silence  by Simon&Garfunkel

 

ハロー 暗闇よ 僕の古い友だち

また話をしたくて やってきたよ

 

幻が忍び寄り

寝てる間に種を残していった

脳に植え付けられたその幻は

まだ残っている

 

沈黙の音の中で

 

長い夢の中で 

僕は一人歩いていた

石畳の狭い道

街灯の丸い光の中

寒さに襟を立てて

 

突然ネオンの光が

僕の目を刺し

夜を引き裂いた

その時

沈黙の音に触れたのだ

 

安アパートの裸電球の下で

僕は無数の人々を見ていた

 

意味のない会話

語ることもなく 話し

聴くこともなく 聞いている

歌われることもない歌を書いている

ーーーそんな人々を見ていた

 

沈黙の音は 

誰にも邪魔されず

まだ残っている

 

「馬鹿だな 知らないのか

癌が増殖するように

沈黙の音がはびこる

僕の言葉を聴いてくれ

僕の差し伸べる腕を つかんでくれ」

 

でも僕の言葉は

雨粒のように落ちて

井戸の底で

音もなく こだまする

 

人々は 祈る

都市が作ったネオンの神に

ネオンサインは

警告の光りを発する

 

「予言者の言葉は

地下鉄の壁と

安アパートの廊下に

書かれている」

 

沈黙の音の中で

そう囁いた


 

 

 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

新着記事一覧