文章題への疑問

数学検定の問題は普段から良い問題が多いと思っています。

3級は高校入試レベルなのですが、高校入試のようにやたらと難しいのではなく

中学で習う単元を理解していればできるようになっています。

逆に理解していないとできません。

こういうのを良い問題というのでしょう。

 

また小学生卒業レベルは数検6級なのですが、教科書より少し難しいくらいで、中学入試レベルとは程遠いです。

ニュートン算などでてきません。でもこれでいいと思います。

6級レベルができるようになれば「正負や方程式」もやって「中学レベル」に入ればいいのだと思います。

将来必要なのは「算数」ではなく「数学」ではないでしょうか?

だいたい中学入試で何故「方程式」を使ってはいけないのか分かりません。

変な文章題だって連立方程式を使えば一発ではないでしょうか?

方程式を使ってもできない問題もあるのかもしれませんが、

そんな問題に発展性があるようには思えません・・というのは言い過ぎでしょうか。

 

大体、中2位まで続く「文章題」ですが、本当に数学力を上げるのに役立っているのか疑問です。

文章に沿って立式するように指導はしていますが、それだけでいいのか疑問を持っています。

ただ単に文章をうのみにし、「は」があれば「=イコール」「の」があれば「×カケル」と教えることに意味があるのかとも思います。

 

高校数学の目的が「微分・積分」にあるとすれば、

中学数学でも「関数」に力を入れるのがいいと考えます。


小学算数は小5で習う「割合」を大切にしたいものです。

中学数学は、最後の「三平方の定理」が大事ですよ。

 

早英ゼミナール

塾長 矢頭嘉樹

新着記事一覧