中学2年生

中学2年生というのは難しい学年です。


親からみれば、反抗期で親のいうことは全く聞かない。
自室にこもって何をしているかわからない。
塾に行かせているのに、成積だって思ったように上がらない。
いつも疲れていて、眠い眠いばかり言っている。
こういう相談が増えてきます。
反抗期であるのはしょうがないでしょう。むしろ当たりまえです。
この時期親に反抗しなかったら、そちらのほうが心配です。
中1まであんなに可愛かった我が子が遠くの存在に感じる。
自立しようともがいているのです。
ただ変な道に行かないよう、親は干渉せず見守るのがいいと思います。
いつも疲れていて眠いとばかり言っている。
間違いなく疲れていて眠いのです。
ゲーム等に夢中になり過ぎることは、この国の大きな問題です。
威圧的にならず、親子でじっくり話し合う機会が必要だと思います。
答えは時間制限しかないのではないでしょうか。
最近問題にする人が増えてきましたが、学校に関して重大な問題が二つあります。
一つは「部活」の問題です。
やり過ぎ、やらされ過ぎなのです。
平日は午後6時過ぎまであり、土日も休めない。
疲れるなという方が無理です。
これは公立の学校の問題なので、親が声を上げる必要があります。
私立はもう少し限度をわきまえた部活をやっています。
もう一つは「宿題の出し過ぎ」問題です。
定期テスト前に何十ページもの宿題をだし、学校はチェックするだけ。
生徒に合った質・量の宿題ならまだいいのですが、全員に同じ質・量の宿題。
答えを写すだけで精いっぱいという生徒もいます。
あまりの量の多さに、塾で学校のワークの手伝いをやらざるを得ない状態が続いています。
でないと「未提出」とか「提出期限遅れ」というのは、内申点が下がるからです。
これに気がついていない保護者は、塾に大量の宿題を求めます。
生徒がこなすのは不可能です。
まじめな生徒ほど学校の宿題も塾の宿題もこなし、睡眠不足になっていきます。
いずれにせよ、大切なのは「勉強をやめない」ということではないでしょうか?
苦しくても勉強をやめないということが中3に繋がります。
早英ゼミナール
塾長 矢頭嘉樹
新着記事一覧