グッド・ウイル・ハンティング

小学低学年では、好きな科目のトップにくるのは「算数」だそうです。

ところが中学になると、嫌いな科目のトップに「数学」がきます。 何故なのでしょうか?

算数・数学には躓きやすい単元が各学年にちりばめられているのも、 その一因かも知れません。

小学5年生の後半に習う「割合」、6年生の「速さ」などが代表的です。

 

中学1年生では、先ず「正負の数」に戸惑う生徒も多いのですが、

 ここは塾でも学校でもじっくり、丁寧に時間をかけて教えるので最終的には 理解していく生徒がほとんどです。

正負が分からないと、これからの数学が 全く分からなくなります。

次の「文字式」「方程式」といった「数学の約束事」を 習う単元が続き、

「嫌だな、めんどくさいな」という生徒があらわれ、 見かねた保護者が「じゃあ、塾にでも・・・」となるわけです。

 

中学2年で「一次関数」の単元に入ると数学嫌いがぐっと増えます。 

xとyの2つの数の関係を扱うという事が、なかなか分からないのですね。

 「合同の証明」から「平行四辺形」を習う頃になるとお手上げの生徒も出てきます。

「某計算塾」から転塾してくる生徒が増えるのがこの頃です。

 計算の技術だけでは、全く対応できませんからね。

 

この中学2年生が「受験の成功」を決める大事な学年です。

丁度反抗期とぶつかるという こともあって、保護者が塾に行かせたいと思うのも尤もですね。

大丈夫、早英ゼミナールにお任せ下さい。(PR)

 

中3の「平方根」は出来る、出来ないがはっきり分かれます。

ここは絶対理解していかないと、 大変なことになります。

私は「なんでこんなにルートの教え方がうまいんだろう!」と自分でも 感心するくらい「平方根」の教え方には自信があります。(PR)

私に教えられた生徒はみんな100点です。(比喩です?)

 

高校数学の話は別の機会にしますが、「グッド・ウイル・ハンティング」という映画があります。

「マット・デイモン」主演で、大学で清掃の仕事をしている「数学の天才」の話です。

 この「ウイル」が数学にとんでもない才能を持っていて、 

フィールズ賞(数学のノーベル賞といわれています)受賞の数学者でも解けない数学の 問題をすらすら解くことができます。

この映画で印象的な言葉があって、

それは 「数学にはどこまで行っても越えられない壁があって、それを越えられるのは天才だけだ」 

というフィールズ賞受賞数学教授の嘆きです。

この言葉に凡人の私は大いに勇気付けられました。

「そうか!わからない数学の問題があってもいいんだ。わかる範囲で努力していけばいいんだ。」

 

中高生の皆さん、何か気が楽になったように思いませんか?

今数学の問題で苦しんでいいても、

一生勉強していくうちに、誰かが発見した定理が 理解できるようになるかも知れない。

自分で発見できなくても、数学の深さはいつか分かるかも知れないのです。

 

(早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹)

塾長ブログ(読書・映画・音楽)トップへ

 

グッド・ウィル・ハンティングの挿入歌、エンディングに「スターランド・ボーカルバンド」の「アフタヌーン・デライト」が使われています。

これがまた素晴らしいので、you tubeより紹介します。

 

 

starland vocalbandでは、↓の「アメリカン・チューン」が素晴らしいです。

 ポール・サイモンの名曲をアカペラで歌っています。

 

 

 

未来草子(塾長ブログ)最新版

個人的なツイッターです→ 

新着記事一覧