明日に架ける橋 サイモン&ガーファンクル

20世紀を代表する曲ではないでしょうか。

私の一番好きなポップ・ソング、サイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋」です。

原題は[Bridge Over Troubled Water]「逆巻く海に架ける橋」です。

 

明日に架ける橋(ポール・サイモン)

 

へとへとに疲れ 

自分が小さく感じる時

涙がとまらない時

その涙を乾かしてあげたい。

 

いつも側にいてあげよう。

どんなにつらい時でも 

頼る人がいない時でも

 

逆巻く波に架ける橋のように

この身を投げ出してあげよう。

 

 

だめになりそうで 

あてもなく通りをさまよい

夕暮れが辛くなった時

そっと慰めてあげよう。

 

暗闇がやってきて 

苦痛しか感じない時

その苦痛を取り除いてあげたい。

 

荒れた海に架ける橋のように

この身を横たえよう。

 

 

髪に白いものが混じっていても

気持ちは少女のまま

もう一度帆を上げ  

輝いて欲しい

 

ひとりで心細いのなら

後ろからついていってあげよう。

 

明日に架ける橋のように

気持ちを楽にしてあげたい。

 

明日に架ける橋のように

気持ちを楽にしてあげよう。

 

 

40年前の大ヒット曲ですが、瑞々しさは変わらないですね。

ポールによるメロディー・歌詞・ピアノの伴奏そして何よりアートガーファンクルのヴォーカルが素晴らしく、4拍子揃った完璧な曲だと思います。

こんなに素晴らしい歌唱なのに、それでもガーファンクルは満足できないらしく 、「この歌を歌う度に、今度こそ完璧な明日に架ける橋を歌いたいと思っている。」とコメントしています。かっこいいですね。

最近では、1番をアート、2番をポール、そして3番を二人で歌っています。

1曲の中で7回も拍手が起きるのは、この曲位ではないでしょうか。

 

ちなみに、「sail on silver girl」のところは、単に「銀色の少女」と訳したのでは、なんのことか分かりません。

silverとは「白髪」のことだと思います。

一緒に人生の荒海を進んできた妻に、白髪が交じるようになったことで、更に愛しさを感じるといった心情の描写ではないでしょうか。

ある程度年齢を重ねないと分からなかった歌詞でもあります。

 

「明日に架ける橋」がヒットしていた1970年は奇跡のような年で、

他にビートルズの「レット・イット・ビー」やジャクソン5の「アイル・ビー・ゼア」など印象的なポップスが多くラジオから流れていました。

 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

塾長ブログ(読書・映画・音楽)トップへ

 

 

 http://www.youtube.com/watch?v=UVDg8fVC4EQ

 

 

 

個人的なツイッターです→ 

新着記事一覧