「分からない」と「めんどくさい」

早英ゼミナールに入塾して、伸びていく生徒については以前に書いたことがあります。

授業に集中する。宿題をやってくる。

当たり前とも思える、この2点をきちんと守ることが成績の伸びにつながります。

 

学校の授業に集中できないのは「分からない」から。

分からないまま、どんどん授業が進んでいって、ますます分からなくなる。この繰り返しです。

そのうち分からないことが当たり前になって「分からないことが嫌だと思えなくなる」状態になると、「授業に集中しよう」という方が無理です。

 

まあ、これは極端な例ですが、そんな生徒が塾に入って「何かが分かるようになる」とパッと顔が明るくなる時があります。

理解できたからです。

自分には何も分からないという思い込みから解放されたのですね。

 

勿論それですぐ成績が上がるかというと、そうではなく、この後「めんどくさい」が壁になります。

分かったところを試験でもできるようにするには繰り返しが必要です。

「めんどくさい」のと「分からない」は違いますね。めんどくさく感じるのは、分からない状態より一歩進んだ状態です。

後は先生の指導のもと、一歩一歩着実に進んでいくことです。

 

「塾で集中して分かるところを増やしていく、宿題でそれを定着させる」ことが伸びるのに大切なことです。

 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

早英ゼミナール 塾長ブログ トップ

新着記事一覧