ノルウェイの森

久しぶりに 村上春樹の「ノルウェイの森」を読み返しました。もっと古い小説かと思っていたら、 1987年ですから、23年前のこと、私はもう30歳を越えていた時なのですね。

読みながら、混乱していた学生時代を思い出し、何だか哀しくなってきましたが、 最後で「緑」との新しい生活を 暗示する場面があり、救われたような気がします。23年前には全然読みとれていなかったのだなあという感想です。

 

 さて、「ノルウェイの森」といえば、ビートルズの曲です。

「ノルウェイの森」の原題は「NORWEGIAN WOOD」で、「ノルウェイ製の家具」又は「ノルウェイ調の部屋」という意味です。

「ノルウェーの森」とは厳密にいえば誤訳なのでしょうが、深い森の中を彷徨うイメージがあり、シタールの響きと とても合っている良い邦題だと思います。 また、副題として「THIS BIRD HAS FLOWN」つまり「この鳥は飛んでいった」とありますので、 ひょっとしたらジョン・レノンは、鳥が飛んで行ってしまった所(森→ノルウェイの森)のイメージも 持っていたのかも知れません。そうなると、「ノルウェイの森」は誤訳ではないということになります。

ファンタジー風に訳してみました。

 

ノルウェイの森(ビートルズ)

 

 

昔 不思議な少女に逢った

いや 少女が僕に逢ったというべきか

部屋までついていくと

そこはノルウェイ調の素敵な部屋

 

 

どこに座ってもいいわよ 

と言われたが

椅子なんてなかった

  

それで 床に座り 

二人でワインを飲んだ

 

二時までおしゃべりをしていたら

朝から大事な仕事があるの 

と素敵な笑顔

 

ベッドもなかったので

バスルームで寝るしかなかった

 

 

目が覚めると

彼女は消えていた

  

鳥になって 

飛んで行ってしまった

素敵なノルウェイの森に

 

 

僕は暖炉に火をつけて

ぼんやり座っていた

 

僕も行ってみたいな

ノルウェイの森に

 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

塾長ブログ(読書・映画・音楽)トップへ

 

 

http://youtu.be/5Nh9TKFWMrw

 

 

早英ゼミナール 塾長ブログ ビートルズ・トップ

個人的なツイッターです→ 

新着記事一覧