仮定法とイマジン

ジョン・レノンの「イマジン」は、もう何千回と聴いている気がします。

 

想像してごらん、天国なんかないと。

国も、殺す理由も、宗教もないと、想像してみよう

 

世界平和の願いを歌い、湾岸戦争や9・11同時多発テロ等戦争の時には放送禁止にもなった曲です。

でも本当に世界平和を願っただけの歌なのでしょうか?

「仮定法過去」を使っていると仮定すると、ジョン・レノンのバック・グラウンドが見えてくる気がします。

現在の事実に反する事柄→古文でいう「ましかば・まし」の「反実仮想」です。

イマジンは、その現在の事実を述べた曲かも知れないと思うのです。

 

イマジン (ジョン・レノン)

 

天国が目の前にある

(これは事実だ)

 

地下には地獄がある

(これも事実だ)

 

我々の上には

空があるだけではない

(当たり前だよね)

 

我々は現世だけでなく

来世のためにも生きている

(これも当たり前のことだ)

 

国民性の違いは 

確かにある

 

誰だって必ず死ぬし

他の生物の犠牲なしには 

生きられない

 

宗教の違いも 

確かにある

 

我々は

平和に生きているだけではないのが 

事実だ

 

人は所有しないと 

生きていけない

 

欲張ることも 

しょっちゅうある


飢えることだって 

たまにある

 

だからこそ 

理想を語ろう

 

みんなで 

世界を分かち合うのだ

 

世界はきっと 

一つになる

 

最後は仮定法過去ではなく、未来形になってしまいました。

ジョンには天国があることが、空気のように当たり前のようですね。

日本人はもともと天国の存在など信じていない人が大半なのでしょう。

ですから「天国がない」といわれても、日本人には当たり前としか思えません。

そこが「神」や「天国」「キリスト」を信じているキリスト教徒と違うところです。

だからこそ、「天国はないと思え」と命令形で言うこの曲は西洋の世界では衝撃的だったのでしょう。

 

おまけです。

英文法で「仮定法」が分からなくて、このページを見ている高校生へ。

思っていたような説明がなくても、がっかりしないで下さい。下記ページが役に立つかも?

All About Japan

英文法ー仮定法

 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

塾長ブログ 読書・映画・音楽トップへ

未来草子・塾長ブログ・トップへ

 

 

 

http://www.youtube.com/watch?v=DVg2EJvvlF8

 

早英ゼミナール 塾長ブログ ビートルズ・トップ

個人的なツイッターです→ 

新着記事一覧