ジョン・レノン(GROW OLD WITH ME) 共に老いていこう

元アップルCEOの「スティーブ・ジョブズ氏」の言葉に次のようなものがあります。


もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?

それに対する答えが“NO”の日が幾日も続くと、そろそろ何かを変える必要があるなと、そう悟るわけです。」


ジョン・レノンは死の直前何を思ったでしょうか。無念の死だったにちがいありません。

ジョンがもっと生きていれば、素晴らしい音楽をもっともっと聴けたのにと悔しく思います。

 

ジョン・レノン以外でも、ジム・クロウチ、エルヴィス・プレスリー、ジョージ・ハリスン、マイケル・ジャクソン等が若くして亡くなっています。

日本人では、坂本九、F1レーサーでアイルトン・セナ・・・

そういった人々と共に老いたかった、という気持ちでいっぱいです。

 

そういった気持にぴったりの1曲。

ジョン・レノンの「グロウ・オールド・ウイズ・ミー」

共に老いていこうという曲は涙なくしては聴けません。

 

 

共に老いていこう   ジョン・レノン

 

僕と一緒に老いていこう

最高の時はまだこれから

僕らの時代は始まったばかり

きっと一つになれる

神も祝福してくれるだろう

 

僕と一緒に老いていこう

一本の樹に二本の枝

人生の終わりには

二人で夕陽を見つめていよう

神の祝福を受けるように

 

人生を共に過ごせば

二人は一緒にいられる

終わりなき世界で

 

僕と一緒に老いていこう

どんな運命が待っていようとも

僕らは生き抜いていける

僕らの愛は本物だから

神の祝福があるだろう

 

GET OLD ではなく GROW OLD 、これは、ただ単に年をとるのではなく「成長していく」という意味が込められていると思います。

 

早英ゼミナール 塾長 矢頭嘉樹

塾長ブログ 音楽トップ

早英ゼミナール 塾長ブログ ビートルズ・トップ

 

個人的なツイッターです→ 

新着記事一覧